合格する人と落ちる人の違い


会計士試験の勉強はほとんどの人にとってきついものとなります。
精神的、身体的、経済的に余裕がだんだんとなくなってきます。
全員が受かるという試験ではないため受験期間が長期に渡る人や途中で挫折してしまう人が大量に発生します。
1年以上何か特定のことについて勉強し続けるというのは誰にでもできるということではありません。
世の中には何事も頑張ることができないという人はかなりの割合で存在しますしね。

そんなことで今回は合格する人と落ちる人の違いに着目して書いていきます。
あくまで私の周りをみての感想なのでサンプル数は察してください。



ぶっちゃけ受験前に結果はほとんどわかってます

本番でどれだけパフォーマンスを発揮できたか、またはどれだけついていたかということはとても大切なことです。
しかしそれだけでは合格圏外にいた人が受かることはなかなかないですし、合格余裕圏にいた人が落ちることもほとんどありません。
それまでの答練や模試の結果通りだいたい結果の明暗は分かれます。
上位層は合格し、下位層は普通に落ちます。

成績を教えあったり、試験科目の内容について話したりする間柄なら受験前から結果はだいたいわかってますし、事実その通りになります。
大逆転みたいな人もいますがかなりレアケースでしょう、少なくとも私の周りにはいませんでした。

答練や模試の結果

だいたい答練や模試の結果通りになるといいましたが、中間層のラインをもうちょっと掘り下げてみましょう。
合格する中間層と落ちる中間層の差、これはいったいどのようなものでしょうか?

答えはテキスト、答練や模試で出た内容を発展して考えられるかどうかだと思います。
その考え方があっていようといまいと、「この問題だとこうだけどこの場合はどうなるだろう?」という問に自分なりに理由づけて答えられる人はまず受かります。
「さぁ?テキストに書いてないからわからない」「何を言ってるかわからない」こんな答えの人は落ちます。

本試験では答練や模試で出た内容がそのまま出るわけではなくかなりの割合で知らない問題が出てきます。
その時に今まで勉強した知識を用いて考えることができない人はその部分で大量に失点してしまうため合否が別れるのだと思います。
「なぜ?」が学問の基本なので、後者のタイプの人はもう少し物事を深く考える必要があると思います。

その他の要因

長期間結果が出ない方をみていて思うことは、行動力に欠けるという点があります。
長期間結果が出ていない時点で勉強方法に大きな誤りがあることは明白です。
確かに他の人の勉強法がそのまま自分に当てはまるかはわかりません。
しかし自分なりのやり方で結果が出ていないのだから大きなテコ入れが必要です。
アドバイスなどを受けても実際に行動に反映しないなど、無駄に頑固で非合理的な方が多い印象です。

完璧主義者の方もなかなか苦労していると思います。
相対試験なのでみんながやらないところは思い切って捨ててしまう方がいいです。
しかしそれができず結局中途半端な状態で試験を受けることになるみたいなパターンです。
本当にスペックの高い完璧主義者ならば全部やってしまってもいいと思いますが、大抵はそんなことはないのでここは割り切って合理的に行動した方がいいと思います。

あとは単純に勉強時間が少なすぎるとかですかね。
もう年齢的に引き返せなくなっているがモチベーションは全く保てないパターンなど。
合格しなければ今までの勉強が全てサンクコストになってしまうのは厳しいですよね。

最後に

試験全般に言えますが合格か否かで人生がだいぶ変わります。
受かった方がいいに越したことはないので、勉強のための勉強にならないように勉強した方がいいと思います。
全体的に辛口になってしまったかもしれませんが上で述べたことは本当に大切だと思います。
あまり触れられないですが、落ち続けると人生の閉塞感を感じ、本当に辛いと思います。
そんな方の少しでも参考になれば幸いです。

以上skでした、ではでは〜

読んで頂きありがとうございます、最後に応援クリックを頂けると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーリンク
adsense
adsense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
adsense