監査法人の就活について


久しぶりの更新になります。
この二週間就活をしていてなかなかバタバタしていました。
久しぶりに家でのんびりしている気がします。
監査法人への就職予定で、ちょっと合格後の流れを振り返ってみたいと思います。



監査法人にした理由

会計士試験合格者の進路としてメジャーなのが監査法人です。
私も監査法人に就職することにしました。

会計士になるためには補習所という学校みたいなところで単位を取り、終了考査という試験をパスしなければなりません。
これがなかなか時間を取られます。
監査法人はその辺について考慮してくれるため大体の合格者が監査法人へ入所することになります。
また、会計士の資格を取得するためには実務要件が必要で、もちろん監査法人の場合実務要件をみたします。

監査法人のメリットとしては様々な業種や企業をみたり携わったりできるというのがあります。
その業種ならではのめんどくさい実務をやらずに企業を見ることができるというのはなかなか魅力的です。
まぁ監査実務はやらなくてはいけませんが。
他にも財務や経理経験が一切ないということもあり監査法人に就職することにしました。

以下では監査法人の就職活動関連について書いていきます。
中小監査法人は一切リサーチしていないのでよくわかりません。

就職説明会

論文式試験後の9月にもありましたが、合格発表後の翌週は一斉に就職説明会が始まります。
私はビッグ3と言われる3法人の説明会に行ってきました。
各社業務内容や待遇などは大して変わらない印象でしたが、雰囲気なんかは結構違っていました。
法人の選択も雰囲気とかで決める人が多いようです。

予定の入れ方によっては朝から晩まで続いたり、飲み会などもあり毎日出るとさすがに疲れます。
色々ご馳走になり、この時期は財布を持ち歩かなくてもいいかもしれません。
金曜日くらいには疲れて月曜にどこに行ったのかよくわからなくなってきたりします(笑)
名刺ももらいまくるので正直誰が誰やら半分以上はもうわかりません(笑)

面接

就職説明会の翌週から面接が始まります。
1次面接と2次面接がありますが、売り手市場ということもありよほどじゃない限り落ちません。
あまりガチガチになる必要はないと思います。
2次面接は希望事業部の選択あたりの話がメインになってました。

最後に

法人の選択をどこにするかは大きな選択だと思うので、自分にあった法人を選べるように色々と考えたいです。
最初から法人や事業部が決まっている人はちょっと羨ましいですね。
色々な選択要素はあると思いますがなかなか決まらずに悩ましいです。
個人的にはよくしてもらった先輩がいるとか特定のクライアントが決まっているとかで選択してしまうと、なかなかリスキーだと思うので総合的に判断したいと思います。

以上skでした、ではでは〜

読んで頂きありがとうございます、最後に応援クリックを頂けると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーリンク
adsense
adsense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
adsense