数字を読む意識を持とう


今回は最近読んだ本で興味深かった本を紹介しようと思います。
前川修満著の『会計士は見た!』です。

一時期話題になった本ですが、今更ながら読んで見ました。



内容と感想

内容は最近の時事ネタを元に、IR情報から得た会計士である筆者の分析と結果が書いてあります。
会計士試験で学習してきた内容が随所に散りばめられていて面白いです。
知識としては知っていることが多いですが、その知識をいかに活用していくか。
数字を読むとはどういったことなのかのとっかかりにちょうどいいと思います。
経験というものを文章にしてもらえるのはありがたいです。

一般向けに書かれたものなので会計などの知識がなくとも読めるという点もおすすめできます。
実務者には少し物足りない内容かもしれません。

受験生におすすめ

監査や会計が一体どのように役に立つのかは試験勉強をしているだけでは見えてきづらいので、こういった書籍を読むことは学習のモチベーションアップにも役に立つと思います。
ページも少なく1時間くらいでサクッと読め、勉強に疲れた方など読むのをおすすめします!

最近会計関連の一般書籍が増えてきている傾向にあるようです。
会計ってよくわからないけど知りたいという需要が多いのではないかと。
これから会計士を目指す方や勉強中の方には特におすすめします。

こういう本を読むと前提知識があれば情報の受け取り方などが全然違い、今までの勉強は無駄ではなかったのだと実感できています。

以上skでした、ではでは〜

読んで頂きありがとうございます、最後に応援クリックを頂けると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーリンク
adsense
adsense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
adsense