『マルドゥック・スクランブル』冲方丁 レビュー

マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
今回は『マルドゥック・スクランブル』のレビューをしていこうと思います。
文庫本で全3冊ですが、一冊が薄いため全部で普通の文庫本の2冊分くらいの量です。
漫画化映画化もしています。
漫画は読みましたが再現度が高くとても面白かったです。
漫画化や映画化している小説は面白いものが多いので、何を読もうか考えている方はそれを基準に選んでみるのもいいのでは。



あらすじ

とある少女娼婦パロットの成長を描いた近未来SF小説です。
賭博師シェルにより焼死させられかけたパロットは電子干渉能力をえて蘇生します。
ネズミ型万能破壊兵器ウフコックとともに能力を用いながらシェルの犯罪を暴いていく復讐劇です。
アクション要素、ブラックジャックなどを用いた心理戦などもあり非常に面白いです。

レビュー

作品全体的にダークな雰囲気に包まれ、救われない展開が続いていきます。
裏世界の闇に携わりながら、はじめは無垢だったパロットがだんだんと闇に染まっていきます。
しかしウフコックとの関わり合いの中で本来の自分を取り戻し成長していきます。

殺し屋集団との戦闘シーンはスマートでお気に入りです。
若干グロい残酷な描写が含まれているため、苦手な方は読まない方がいいかもしれません。

シェルはカジノを経営していて、パロットたちはシェルの悪事を明らかにするためカジノに乗り込んでいきます。
最も見所はこのカジノのシーンです。
ルーレット、ポーカー、ブラックジャックなどギャンブルを用いてシェルの秘密を握ろうとします。

私はカジノに行ったことがないのでよくわからないですが、ルールがシンプルなのでそれでも十分楽しめました。
ここで行われる心理戦がこの作品の一番の見所です!
個人的にはルーレットのディーラーのおばちゃんがとても最高です。

魅力的な脇役たちもこの作品を支えています。
皆それぞれ闇をかかえていて、なぜだか憎めないキャラクターが多いです。
完全にヒール役のシェルですら最後は。。。。

演出がとにかくかっこいいんです。
見ていませんが映画も面白そう。
映像化に向いている作品だと思います。

まとめ

SF小説ではありますが、謎の単語たちがたくさん出てくるわけでもなくSF初心者の方にも読みやすいと思います。
カジノのくだりは是非読んで見ていただきたいです。
スピンオフもあるので、はまった方はぜひそちらも。

ハヤカワ文庫面白いよね!
以上skでした、ではでは〜

読んで頂きありがとうございます、最後に応援クリックを頂けると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーリンク
adsense
adsense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
adsense