監査法人の事業部について


監査法人では事業部に分かれて監査業務などを行なっています。
法人にもよりますが監査、金融、IPO、パブリック、国際などに分かれています。
就活の際にどの事業部に行くのかはある程度目星をつけておいたほうが色々とやりやすいです。
今回はそんな事業部について書いていこうと思います。



監査

監査業務が中心です。
私もこちらの事業部です。
最も人数が多く、クライアントの業種ごとにさらに細分化されています。
製造業や小売・サービス業、商社あたりが人気のようです。

特定のクライアントに行ってみたかったり、特定の業種が決まっている場合はそれで法人を選択する人もいるようです。
面接の際などに明確にアピールしておくと希望が通りやすくなるそうです。
特定のクライアントだけで法人を決めてしまうと理想とのギャップが生じてあんまりよくないという話も聞きました。

特に何かをやりたいというのが決まっていなかったりよくわからない場合はとりあえず監査事業部に配属されることが多いです。
金融が人がたりない場合に金融に回されたという話もあったみたいです。

金融

金融機関などに対する監査業務が中心です。
基本的にはそれ以外のクライアントの監査は行いません。
どの法人も金融だけは独立した事業部を持っており、金融志望の場合は面接前までにはその旨の意思表示が必要だと思います。

メガバン、地銀、保険などさらに細分化されているようですが私は金融志望ではなかったのでよくわかりません。

IPO

IPO案件の業務が中心です。
IPOとは新規に上場することで、上場する際には一定期間の監査証明が必要なのでそのあたりの業務を行います。
新規に上場する企業なので監査事業部で取り扱う企業よりは規模が小さく、内部統制などが整っていない場合が多いです。
ベンチャー企業などに興味がある場合やそこまで大きくないクライアントに携わりたい場合はIPO関連の事業部へ行くのがおすすめです。

IPO以外にもアドバイザリー業務などを手がけていたりもします。

パブリック

公共機関などに対する監査業務が中心です。
会計方法が通常の会社とは異なっている部分が多いです。
法人によっては独立した事業部がなかったりするようです。

国際

IFRSや米国基準などの監査業務を行います。
グローバル化が進んだ影響でどの事業部へ行っても国際的な案件はあるようです。
そのせいか独立した事業部という形ではなく、希望制などで国際案件へのアサインが振り当てられるようです。

英語がマストとなり、TOEICの点数などで業務や研修などの内容が変わってくるようです。
入社後にTOEICを受けさせられるところが多いようなので、合格発表までの暇な期間はTOEIC対策しておくといいかもしれません。

最後に

だいたいこんな感じで事業部が分かれていたりしています。
就活の際にはある程度志望が明確に決まっていた方が法人も決めやすいですし、内定ももらいやすいかなと思います。
具体的にどんな業務を行なっていくのかはまだちゃんとわかってはいませんが、どの法人に行きどの事業部へ行くのかは人生にとって大きな選択なのである程度慎重に決めた方がいいと思います。
明確なビジョンがあった方が普段の学習のモチベーションアップにも繋がるので、疲れたときには監査法人やクライアントについて調べてみるのもいいかもしれません。

以上skでした、ではでは〜

読んで頂きありがとうございます、最後に応援クリックを頂けると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーリンク
adsense
adsense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
adsense