論文式試験の結果を振り返ってみた


以前論文式試験の成績を発表しました。

つい先日公認会計士試験の論文式試験の結果が発表されたので、成績とともにご報告したいと思います。 結果としては無事合格することができまし...
受かっちゃったからもう終わり!やったね!
としちゃってもいいのですが、せっかく2年半近く勉強した集大成であるのでもうちょっと成績とかをみていこうと思います。
上位の成績の人よりも参考になりやすいちょうどいい成績だと思うので是非参考にしていただければ。
修了考査とかあるのでその時にも活かしていきたいです。

実際に受けた感触と成績にちょっと差異があったのでその辺りから推測できることなんかを書いていこうと思います。
試験後の自己採点はしてみましたが、答案返却はまだしていないので主観のオンパレードですがご了承ください。
管理でいう差異分析ってやつですね。
科目ごとにみていこうと思います。



会計学I

予備校の講評:易
大問1:57.8
大問2:65.6
全体:61.7
予定:60~
自己採点後の予想:65~

全体的に簡単、特に第一問は特に簡単すぎました。
あまりに第一問の計算が簡単すぎたので偏差値が伸びませんでした。
簡単になりすぎた場合の見積もりが甘かったですね。
ここまで計算が易化してしまうと流石についてないですね。

会計学II

予備校の講評:やや難
大問3:42.8
大問4:46.1
大問5:52.4
全体:47.3
予定:50~
自己採点後の予想:45~

全体的にやや難、財務はほどほどにしておいた私からしたらあまり歯が立ちませんでした(笑)
受験者の財務の典型的な計算の精度は他の科目と比較すると段違いですね。
大問3の偏差値が完全に炎上しています。

会計学IIで稼げないと順位的には上位は無理でしょう。
予定を下回ってしまったので計算理論ともに完全に勉強量と実力不足ですね。

監査論

予備校の講評:普通
大問1:42.3
大問2:59.1
全体:50.7
予定:48~
自己採点後の予想:55~

全体は普通、受けた後の感触はもうちょっと偏差値が稼げていると思ったのですが。。。
大問1は少し変なところがメインできかれたのでかなり低レベルの争いになると予想し、50くらいは少なくともあると思ったのですが全科目中最低偏差値を叩き出しましたね(笑)

受かったからいいもののここまで低いのはやはり採点官が一人で担当している可能性が高そうですね。
もちろん私の答案のレベルが低いという前提はありますが(笑)
監査論はいかにみんなと同じことを書くかにフォーカスした方がいいと思います。
大問2に関しては事例問題だったのでだいたい予想通り。

もっとも不安科目であった監査論ですが予定はクリアしました。
典型問題が多ければもう少し偏差値は低かったはずなのでラッキーといえばラッキーですね。

企業法

予備校の講評:易
大問1:53.9
大問2:63.3
全体:58.6
予定:50~
自己採点後の予想:58~

全体的に易しく、特に大問2は大原の答練で出たやつなのでかなり稼げました。
企業法は論ずれだけが怖かったのですが超典型だったため回避できました。
大問2は大原生はかなりラッキーと言えるのではないでしょうか。
正直あまり勉強していなくともボーダーくらいは容易に越えることができそうな構成でした。

予定を大幅に越え、成績も予想の通りだったので文句なしです。

租税法

予備校の講評:やや難
大問1:58.3
大問2:67.5
全体:63.8
予定:60~
自己採点後の予想:62~

やや難、特に計算が厳しかったと思います。
理論のマルバツを外して消費税の計算も間違っていたのでかなり痛かったです。
かなり下ブレを引いてしまっていましたが、それでも比較的高い偏差値を取れたのは計算の難易度のおかげでしょう。
コツコツと暗記をしていくだけだとなかなか対応できない問題が多かったのでありがたかったです。

予定はクリアし、予想通りくらいの偏差値なのでこちらも問題なし。
解答自体の正答率はかなり下ブレ引きましたが、問題難易度的にラッキーでトントンくらいですかね。

統計学

予備校の講評:?
大問1:60.0
大問2:62.8
全体:61.4
予定:60~
自己採点後の予想:65~

予備校の講評が見つかりませんでした。。。マイノリティは辛いですね。
主観ですが例年並くらいでしょう、やや易かもしれませんが。
全体的に偏差値の伸びがイマイチでした。

自己採点は完全に復元できなかったので、メモすらないような簡単な計算をポロポロこぼしていたのでしょう。
また、記述問題の採点ラインがかなり緩いと思われます。
偏差値稼げるように問題を全体的にもっと難しくして欲しかったのですが仕方ないですね。

総合

総合:55.83
予定:55~
自己採点後の予想:56~

予定はギリギリクリアしました。
自己採点した範囲ですが二択で迷ったところをことごとく逆にしていて、相当な下ブレを引いていたのでこんなものかといったところです。
問題難易度次第では予定を割り込むことは充分考えられましたね。
あと、若干自己採点後の予想が甘いので意識を下方修正する必要があったようです。

最後に

資格試験でもっとも大事なことはついてないときでも合格できるようにしておくことです。
現場での問題を解く順番や指示の曖昧さから難易度に至るまでどうしても運の要素は結果に影響を強く及ぼします。
結果として運のおかげで合格するのはいいですが、事前の準備としてはついていなくても合格できるようにしておくことがとても重要です。

論文式試験は1年に一回しかない試験でその後の人生に大きな影響を与えます。
その結果を運に依拠してしまうのはリスキーだと思います。
合格してしまえばたとえ結果がついていなくても笑って受け入れることができるのでその実力を目指しましょう。
私はそのラインへの実力がちょっと不足していたかもしれませんが(笑)

一番いいのは運をよくすることですがこれは誰か教えてください!!
なんか胡散臭くなったのでこれで終わります。

以上skでした、ではでは〜

読んで頂きありがとうございます、最後に応援クリックを頂けると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 公認会計士試験へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーリンク
adsense
adsense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
adsense